FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
      

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

カスタードクリーム入り白パン 2種

クリーム入り白パン

前回作ってすっかり気に入ったカスタードクリーム。さっそくまた使って今度は白パンと合わせてみました(*^_^*)普通に中にクリームを入れたものとレーズンと合わせてぐるぐる巻いた2種類です♪

レシピは基本的にホームベーカリーに付いている説明書を参考にしています。

<各6個 計12個分>
・水 150ml
・強力粉 250g
・砂糖 12g
・塩 3g
・無塩マーガリン 12g
・スキムミルク 6g
・ドライイースト 3g
・カスタードクリーム レーズン 各適量

1.HBでねり&一次発酵後、打ち粉(強力粉)をふるった台の上で2等分し、一つはさらに6等分します。生地の表面を張らせるように丸め、濡れ布巾(私はクッキングペーパーを使用してます)をかけて約10分休ませます。

クリーム入り白パン 手順1

2.大きい生地は麺棒で厚さ1cmくらいに伸ばしクリームを塗り、上からレーズンを散らします。(18×10cmくらいの大きさになりました。)下からくるくる巻き上げ、巻終わりを指でしっかり閉じて6等分にカットします。
クリーム入り白パン 手順2   クリーム入り白パン 手順3   クリーム入り白パン 手順4
※クリームは端まで塗ると巻きにくいので中央に塗るのがおすすめです。

3.6個の生地は手のひらで伸ばし中央にクリームを置き包みます。閉じ口は指でしっかりとめ下にします。
クリーム入り白パン 手順5

4.渦巻きパンはあればアルミカップなどに並べ(そのままクッキングシートでもいいですかカップに入れた方が綺麗にできます。)丸型はクッキングシートを敷いたオーブン皿に並べ、表面が乾かないように霧吹きをして30℃で40分発酵させます。(2~2.5倍に膨らんだらOKです)
クリーム入り白パン 手順6 ⇒ クリーム入り白パン 手順7

5.180℃に予熱したオーブンで12分焼きます。焼きあがったら網の上に乗せて冷まします。
クリーム入り白パン 手順9   クリーム入り白パン 手順8 ※途中で焼き色がついてくる時はアルミホイルを被せて下さい。

ふわふわな白パンと甘ーいクリームで至福の時間が味わえました(*^_^*)クリーム多めでますます幸せ♪

クリーム入り白パン 切り口 ←切り口はこんな感じです。
スポンサーサイト



びわクリームパン

びわクリームパン

びわが傷んでしまう前にコンポートにしたので、それを使ってクリームパンを焼いてみました。初めてカスタードクリームを作ったけど、簡単に美味しく出来たのでこれからクリームパンのレパートリーも増えて嬉しい(*^_^*)♪

レシピは基本的にホームベーカリーに付いている説明書を参考にしています。

<12個分>
・水 140ml
・卵 1/2個
・強力粉 280g
・砂糖 28g
・塩 4g
・マーガリン 40g
・スキムミルク 6g
・ドライイースト 4.8g(5gでも大丈夫だと思います。気持ち少な目で・・・)
・溶き卵 1/2個
・カスタードクリーム・びわのコンポート 各適量


1.HBでねり&一次発酵後、打ち粉(強力粉)をふるった台の上で12等分します。

2.生地の表面を張らせるように丸め、濡れ布巾(私はクッキングペーパーを使用してます)をかけて約10分休ませます。

3.具を乗せやすいように真ん中にくぼみをつけてアルミカップに入れ、底の部分にフォークで数か所穴を開けておきます。
びわクリームパン 手順1

4.生地の真ん中にカスタードクリームを置き、その上にびわのコンポートを乗せてから表面が乾かないように霧吹きをして、30℃で40分発酵させます。(2~2.5倍に膨らんだらOKです)
びわクリームパン 手順2 ⇒ びわクリームパン 手順3

5.生地の表面に溶き卵を塗り180℃に予熱したオーブンで15分焼き、焼きあがったら網の上に乗せて冷まします。
びわクリームパン 手順4

粗熱がとれたら、びわの表面にシロップや水で伸ばしたジャム(マーマレードがおすすめ)を塗るとよりキレイです。ちなみに私はコンポートを作った時にできたシロップを塗りました。


簡単でおすすめなので、カスタードクリームとびわのコンポートのレシピも参考に乗せておきます。
※カスタードクリーム※
・薄力粉 15g
・コーンスターチ 15g
・砂糖 100g
・牛乳 400ml
・卵黄 2個分
・バニラエッセンス 少々

1.深めの耐熱皿に薄力粉・コーンスターチ・砂糖を入れて混ぜ、牛乳を入れダマにならないように混ぜ合わせ、さらに卵黄を加えて混ぜ合わせて下さい。
カスタードクリーム 手順1

2.①をラップをかけずに600wで約7分加熱してください。均一に仕上げるために途中で2~3度取り出しかき混ぜて下さい。仕上げにバニラエッセンスを加えて下さい。
カスタードクリーム 手順2
(この分量で作ったカスタードクリーム、今回のクリームパンでは半分くらい使用しました。)

※びわのコンポート※
・びわ 6個
・砂糖 大さじ2
・水 大さじ2
・レモン汁 ティスプーン2

1.びわを半分に切り、種と薄皮をとりだし皮を剥きます。

2.耐熱皿に皮を剥いたびわと砂糖・水・レモン汁を入れてかるく混ぜ、ふんわりとラップをし500wで約5分加熱します。
びわのコンポート

テリヤキチキンバーガー&オニポテセット お家でモス気分

テリヤキチキンバーガー&オニポテセット お家でモス気分

やっぱり休日のランチに食べたくなるハンバーガー。今日はモス風にオニポテセット(^◇^)♪

レシピは基本的にホームベーカリーに付いている説明書を参考にしています。

<バンズ6個分>
・水 190ml
・強力粉 280g
・砂糖 20g
・塩 4g
・マーガリン 20g
・スキムミルク 6g
・ドライイースト 2.4g(2gでも3gでも大丈夫だと思います。その中間あたりで・・・)

1.HBでねり&一次発酵後、打ち粉(強力粉)をふるった台の上で6等分します。

2.生地の表面を張らせるように丸めます。

3.濡れ布巾(私はクッキングペーパーを使用してます)をかけて約20分休ませます。

4.平たい丸型にしオーブンシートを敷いたオーブン皿に閉じ口を下にし並べ、霧を吹き30℃で40分発酵させます。

5.180℃に予熱したオーブンで15分焼きます。焼きあがったら網の上に置いて冷まします。

フライドポテトは普通に揚げただけですが、フライドオニオンはコンソメと塩で衣に味をつけたらモスっぽくなりました(^-^)

枇杷の種から作る杏仁豆腐

枇杷の種から杏仁豆腐

枇杷の種を使って杏仁豆腐が作れます♪
何年か前に知った時は本当に目から鱗で、今まで知らずに捨ててたことを後悔したほどです。簡単に出来るので一度お試しあれ!!

<3個分>
・枇杷の種 5~6粒くらい
・牛乳 350ml
・砂糖 25g
・ゼラチン 5g
・クコの実(飾り用) 適量

1.枇杷の種の茶色い皮を剥き、中の白い種を細かく刻みます。
 ※茶色い皮は端を少し切り落とすと指で簡単に剥けます。白い種は柔らかいのでナイフで簡単に刻めます。

2.ゼラチン以外の材料を全て鍋に入れ、フツフツとしてきたら一旦火を止めて30分ほどそのまま置きます。

3.再び火にかけ、もう一度フツフツとしてきたら火を止めゼラチンを少量ずつかき混ぜながら振り入れます。
 ※一気に入れるとダマになってしまいます。

4.茶漉しで濾しながら容器に注ぎ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ冷やし固めます。
 ※茶漉しに残った種は捨てて下さい。

お好みでクコの実やフルーツを飾って下さい(*^_^*)
ふるっふるな杏仁豆腐がとっても簡単に出来ちゃいます!!

びわゼリー

びわゼリー

また嬉しい頂き物(^◇^)
この時期は長崎からたくさんの枇杷が届きます♪夏が大好きな私、枇杷を食べるとこれから夏がくるぞー!ってうきうきしちゃいます♪そのまま食べるのももちろん大好きですが、ジャムやコンポートなどいろいろアレンジできるのも嬉しいです。今回はゼリーにしてみました。

<5個分>
・枇杷 5個
・水 350ml
・ゼラチン 5g
・砂糖 大さじ3~5
・レモン汁 小さじ1

1.鍋に水と砂糖を入れ、砂糖が溶けフツフツとしてきたら火を止めます。

2.レモン汁を加え、ゼラチンを少量ずつかき混ぜながら振り入れます。※一気に入れるとダマになってしまいます。

3.枇杷の皮を剥いて容器に入れます。
※枇杷はアボカドのようにまずナイフで縦にくるりと一周切り込みを入れ、手でねじって半分にします。種と薄皮をスプーンでほじり出して最後におへその方向から皮を剥くときれいに出来ます。

4.②を茶漉しで濾しながら容器に注ぎ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ冷やし固めます。

黄金色できれいかなと思って今回砂糖は三温糖を使用しています。もちろんグラニュー糖でOKです!
枇杷は変色しやすいので、皮を剥いた後しらばく時間がたってしまうようならレモン汁をまぶしておいてください。すぐにゼリー液をいれるならそのままで大丈夫です(*^_^*)

さつま芋・かぼちゃのあんパン

さつま芋パン・かぼちゃパン

またまた嬉しい頂き物♪甘くて美味しいさつま芋をいただいたのでさつま芋あんパンに。一緒にかぼちゃも(*^_^*)

レシピは基本的にホームベーカリーに付いている説明書を参考にしています。

<各6個 計12個分>
・水 140ml
・卵 1/2個
・強力粉 280g
・砂糖 28g
・塩 4g
・マーガリン 40g
・スキムミルク 6g
・ドライイースト 4.8g(5gでも大丈夫だと思います。気持ち少な目で・・・)
・さつま芋餡・かぼちゃ餡 各150g
・黒ゴマ 適量
・溶き卵 1/2個

(下準備)
さつま芋とかぼちゃは、それぞれ加熱後裏ごしするか、滑らかになるまで潰します。そこに大さじ1~2の砂糖を加え餡を作ります。パサパサするようなら水をすこしずつ加え調節してください。かぼちゃの皮は飾り用に一部残しておいてください。
さつま芋・かぼちゃパン 手順1
※さつま芋はレンジよりも湯がいた方が甘くて美味しいです。 かぼちゃは湯がくよりもレンジで4~5分加熱の方が水っぽくなり過ぎません。甘さは種類や好みで違うと思うので砂糖の量は目安にして下さい。
皮はさつま芋は湯がく前、かぼちゃはレンジ加熱後に剥くのが楽です。

1.HBでねり&一次発酵後、打ち粉(強力粉)をふるった台の上で12等分します。

2.生地の表面を張らせるように丸め、濡れ布巾(私はクッキングペーパーを使用してます)をかけて約20分休ませます。

3.さつま芋用の5個は手のひらで楕円形に伸ばし、真ん中にさつま芋餡を乗せ、ラグビーボールのような形にします。閉じ口を指でしっかりつまみ、その面を下にします。
さつま芋・かぼちゃパン 手順2

4.かぼちゃ用の5個は手のひらで丸く伸ばし、11本切り込みを入れ(10等分)真ん中にかぼちゃ餡を乗せ、生地を1本ずつ伸ばしながら上で閉じ円形にします。※閉じ口が上部になるので、しっかりと指で生地同士をくっつけて下さい。
さつま芋・かぼちゃパン 手順3

5.クッキングシートを敷いたオーブン皿に並べ、表面が乾かないように霧吹きをして30℃で40分発酵させます。
さつま芋・かぼちゃパン 手順4 ⇒ さつま芋・かぼちゃパン 手順5 (2~2.5倍に膨らんだらOKです)

6.生地の表面に溶き卵を塗り、さつま芋は上から黒ゴマをふり、かぼちゃは残しておいた皮をヘタに見えるよう刺して180℃に予熱したオーブンで15分焼きます。※膨らむのでかぼちゃの飾り用の皮はしっかりと刺し込んで下さい。
さつま芋・かぼちゃパン 手順6    さつま芋・かぼちゃパン 手順7

7.焼きあがったら網の上に乗せて冷まします。
さつま芋・かぼちゃパン 手順8    さつま芋・かぼちゃパン 手順9

自然の甘さが美味しいさつま芋・かぼちゃのあんパンなので、小さなお子様にもぜひおすすめです(^◇^)

中華揚げパン 「油條」

中華揚げパン 油條(ヨウティアオ)

旅行で台湾や上海を訪れた時に初めて食べた揚げパン。お粥や豆乳とセットになってる朝食の定番メニューです。お粥の美味しさはもちろん、豆乳がこちらのものと違い、さらさらしてて甘めで、ホットとアイスと選べてそれもとっても美味しかった~♪揚げパンは持って帰りたかったほど気に入りました(*^_^*)久しぶりに食べてみたくなったので挑戦してみました♪

<約13cm 12本分>
・強力粉 150g
・ベーキングパウダー 3g
・塩 2g
・水 100cc

1.ボウルに材料全てを入れ箸で混ぜます。

2.ある程度まとまったら手で捏ね、生地が手にくっつかないくらいになったらひとまとめにしラップをかけ30分休ませます。
中華揚げパン 手順1


3.もう一度手で捏ね、表面が滑らかになったら打ち粉(強力粉)をふった台の上で1cmくらいの厚さに伸ばします。
中華揚げパン 手順2 (約12cm×24cmの大きさになりました。)

5.生地を三つ折りにし長方形に整えてから、サラダ油を塗ったバットに置いてラップで覆い冷蔵庫で一晩休ませます。
中華揚げパン  手順3

6.生地を常温に戻し、軽く伸ばして12本に切り分けます。
中華揚げパン  手順4

7.生地を2本ずつ重ねて、両面を菜箸で押さえてからねじります。
中華揚げパン  手順5   中華揚げパン  手順6

8.それぞれを半分に切り、170℃の油で揚げます。きつね色になったら完成です。
中華揚げパン  手順7   中華揚げパン  手順8  
※本場のものはとっても美味しいけど大きかったので食べやすいミニサイズで作ってます。




今日のランチに♪でも合わせたのはお粥でも豆乳でもなくヴィシソワーズスープです・・・。色目的に似てるからって理由ですが、けっこう合いました(*^_^*)
中華揚げパン ランチ

そら豆とチーズの食パン

そら豆とチーズの食パン

ありがたいことにいろいろな野菜・果物のいただき物が多い我が家。この時期はお豆類がたーっくさん!お料理だけでは消費しきれないほど(*^_^*)今回はそら豆で食パンを焼きました♪

レシピは基本的にホームベーカリーに付いている説明書を参考にしています。

<1斤分>
・水 190ml
・強力粉 280g
・砂糖 20g
・塩 4g
・マーガリン 20g
・スキムミルク 6g
・ドライイースト 2.4g(2gでも3gでも大丈夫だと思います。その中間あたりで・・・。)
・湯がいて薄皮を剥いたそら豆 60g
・プロセスチーズ 40g ※ミックスコール時に投入してください。

(下準備)
そら豆は裏ごしするか潰しておきます。
チーズは1cm角くらいにカットしておきます。

HBにおまかせなので材料を入れたら、後は焼き上がりを待つだけです♪


うっすら緑色、ほんのりそら豆で初夏の味(*^_^*)ところどころに混ざってるチーズがアクセントになってます。

いちごのシャーベット

いちごのシャーベット

暑くなってきたので、おやつにはひんやり系が食べたくなります(^-^)
冷凍いちごを沢山いただいたのでシャーベット作りに初挑戦!!

<2個分>
・冷凍いちご 150g
・シロップ 大さじ1
・レモン汁 少々
・飾り用いちご 適量

(下準備)
冷凍いちごは冷凍庫から出し10~15分くらい解凍しておいてください。

1.ミキサーにいちご・シロップ・レモン汁を入れなめらかになるまで混ぜて下さい。

2.お皿に盛りつけ後、飾り用のいちごを上から乗せます。

甘さは好みで調節してください。シロップなしでも美味しいと思いますし、はちみつや練乳などを入れても美味しそうです。
シロップは私は以前作ったキウイのシロップが残ってたのでそれを使用しましたが、ガムシロップで良いと思います。
とーっても簡単で美味しいし、ヘルシーなのでこれからの定番おやつに確定です!!
他にいろんなフルーツや凍らせた水切りヨーグルトを混ぜてみたりと試してみたい味が沢山です(^-^)楽しみ~♪

ナン 3種(プレーン/チーズ/かぼちゃ)

ナン

以前インド・ネパール料理店で食べた「パンプキンナン」とってもとーっても美味しくって、絶対にもう一度食べたい!って思いながらもう何年も経ってしまいました・・・。作ればいいじゃんってことに今更気がつき、さっそく!!

<小15個分>
・水 250ml
・強力粉 280g
・薄力粉 120g
・砂糖 25g
・塩 6g
・ドライイースト 5g
・ピザ用チーズ/加熱後軽く潰したかぼちゃ 各適量

1.HBでねり&一次発酵後、打ち粉(強力粉)をふるった台の上で15等分します。

2.チーズ味・かぼちゃ味は平たく伸ばし具を乗せてから丸め、閉口を下にして濡れ布巾(私はクッキングペーパーを使用してます)をかけて約10分休ませます。プレーンは生地の表面を張らせるように丸めて下さい。
ナン 手順1   ナン 手順2

3.生地を成形し、中火に熱したフライパンで油をひかずに焼きます。※焼く直前に生地を成形して下さい。(今回は味の違いが分かるようにチーズにはドライパセリをふり、かぼちゃは丸型にしましたがお好みの形で♪)

4.表面がぷくぷくと膨らんできたらひっくり返し、両面に焼き色がついたら出来上がりです。


焼き上がりにバターを塗るといっそう美味しいです(*^_^*)
今日のランチはこんな感じ♪
ナン ランチ
理想通りの味が短時間で、手間もかからずに出来て大満足です!!
ちなみにチーズとかぼちゃの切り口はこんな感じです。
ナン 手順3   ナン 手順4
プロフィール

kaopan

Author:kaopan
来てくださってありがとうございます♪
専門的な知識や技術、用具は何もありませんが、ただただパンが好き!という気持ちだけで自分なりに作っています。
かなり不器用で大雑把な私にでも出来るものばかりなのできっとあなたにも出来るはずです(むしろよっぽど上手に出来ると思います)。大切なのは楽しむ心!と思って日々取り組んでいます(*^_^*)
知識が不十分なので間違いや勘違いも多々あると思います。お気づきになられた方がみえましたら、ご指摘・ご指導してくださると幸いです。

最新トラックバック